もふふさ日記

もふもふ、ふさふさな日記。

習慣はつけるまでが大変さね。

平日用の自炊準備は身に付いたかな…と。ストレスが多い時は外食するけど。
あとは仕事から帰ってからの勉強だけど、なかなかうまくいかない。疲れで頭がぼんやりして入らないんだよな。そりゃデイトレも失敗する。
神経伝達物質のブーストがなくなると、本当なにもできなくなる。若いころに勉強しとけってのは、そういうことだよね…。
それでも何もしないよりはましだと思って、続けている。

不可逆

祖母の墓参りに行った。夏ですぐ枯れてしまうからか、いつも活けてある花が造花になっていた。
線香をあげ、墓に水をかけた。手を合わせて黙とうはしなかった。何も浮かばないから。
その後、昔住んでいた藤沢へ行った。とくに思い出も沸かず、暑いので1時間ほど散歩して、祭りを見て帰った。太ったおばさんが汗だくで焼きそばを作っているすぐ近くで、イケメンイケガールのシンガーソングライターが歌っていた。

どうしても10代20代の記憶があいまいで、それをなんとかしたくて、昔住んでいた所を何度か散策してみたけれど、あまり思い出すことがなかった。私の人生、ただ何もなかった。

これからは、新しいこと、新しいところに行く。

だからはやく散歩に適した気温になってくれ。

f:id:mofu_fusa:20170724084915j:plain

引池川でだれもいないのにかっこつけてる奴。

気力がないときでも自炊する

最近元気も思考力も低下して、仕事帰りにふらふらとコンビニで1000円近く買ったりガストでだらだら食べたりしてしまうようになっていた。これではまずいので、休日に準備をすることとした。

安い肉を買って、濃い目の味付けで火を通しておく。

キャベツの千切りやもやし、キムチなどの野菜を揃える。

平日はラーメンを茹でてこれらをのせて食べる。

お菓子も買いだめしておいて、1日1袋ずつ食べる。休日に食べてしまわないように、ロフトの奥に置いておく。

1週間ほどだけれど、今の所続いている。

貧困や孤独は気力や精神を奪っていくようだ。金がないなら自炊すればいいのにという意見が、いかに恵まれた上からの発言だったかというのが、身にしみてわかった。

私は料理?というか調理が身についているようだからまだましだけど、そうでない人はもっと大変だろう。

アパートの裏

最近アパートの裏がどたばたうるさいので窓から覗いてみたら、猫が10匹くらいいた(ヽ'ω`)

以前から住み着いてる子はいたけど、なんか見たことない子ばかり…。どういうことなの…。人が入り込む心配がないところで、1階のおばさんがベランダでエサあげてるみたいだから家庭を営みやすいのかね…。

f:id:mofu_fusa:20170718103330j:plain

仕事

手取り20万くらいだと、貯金できるのは年90万くらい。
嫌われて孤立してやめた後の無職期間にあっという間に溶けるんで意味ないが。
一度くらいはまともに仕事をしたい。見た目と会話能力と職歴で、それはかなわないけども。
自営で何かできないかと思っても、悲しいかな、人の感情を理解したり、会話したりできるようになってから、私はまるで頭が悪くなってしまって…。
できることは対人関係が破たんして、仕事を切り替える際の無職期間をなるべく減らす事くらいか。
人間と関わらない仕事なら、人が嫌がる仕事でも続けられるんだが。汚れるとか、匂いとか、肉体労働とか。 でもそういう所にいる人とかみ合った事がない。 しばらくは、今の仕事を淡々と続けていこうと思う。
飲み会がなくて休み時間も一人でいられるのが何よりいいし、社員からはあいさつ無視されたり疎まれているが、喧嘩を売られたりは現状ないので。
まあ、普通に生まれて、普通に仕事をして、人の輪の中で生きていきたかったな… 少し疲れた(´-ω-`)

虫の殺し方

我が家に入ってしまった虫はゴキブリでもなんでも素手で殺すようにしている。理由は、道路でつぶれてたカラスとかネズミを土の上に運べるようになる練習とかそんな感じ。

それを職場でゴキブリが出た時やってしまって、引かれてしまった。食品製造なのにゴキブリとか虫とか多くて困る。できる限り見つけるようにはしているが、もし機内食に虫が入ってたらすまんな。

行動して良かった。

この前会った人は楽しかった~と言ってくれたので、それならば良かったのかね…。

しょっちゅう人と関わると私は死んでしまうんで、孤独に過ごして精神エネルギーを回復させてからね…。

30近くまで人との交流がろくになくて会話もできなかった人間にしては、よくやってる方だと、思いたい…。

まあ、今はネットもあるし、自閉症スペクトラム発達障害の知識も付けられるから、自分の特性を認識して、覚悟して生きていけるけど、そうじゃなかったころも同じような人はいたわけで。そういう人の大半は不遇をかこったまま、自分がなぜうまくいかないかもわからず、ただ耐えながら生きていたんだろうか。