読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もふふさ日記

もふもふ、ふさふさな日記。

人と関われば関わるほど

自閉症スペクトラムの人間が、上っ面だけごまかして生きてるに過ぎないんだなと思わされることが多い。付け焼刃ではどうにもならないことばかり。発達障害の本でよく書かれる適応方法は、能力の高い一部の人間と恵まれた環境、早期発見など、色々な要素がかみ合って始めてうまくいく理想論でしかないと、思い知らされる。

ネットのない時代にはもっとつらい思いをして孤独に死んでいった人がたくさんいるんだろう。ヘンリーダーガーも、知的には標準以上だったらしい。

孤独に生きて、孤独に死んでいく動物たちも、植物も、虫も生きていたんだと思う。